当社のタクシーシャトル: 日本語で予約ができます。翌日の予約も出来ます。時間や場所などの変更も日本語でOKです。
米国の一般タクシー: 日本と違い流しのタクシーがないのでホテルかレストランで呼んでもらうか、自分で電話して来てもらうことになります。やり取りはもちろん英語です。


当社のタクシーシャトル: 区間で料金が決まっているので、渋滞などでの余計な出費を心配をする必要がありません。グループ内での割り勘でも予算があらかじめ組めて便利です。
米国の一般タクシー: 運転手の気分で通るコースが違ったり、少し遠回りをされたり、また交通渋滞にはまったりと、同じ区間でも料金は一定ではありません。こちらの高速道路では事故が起こると封鎖してしまって全く動かなくなるなんて事もしばしばあります。


当社のタクシーシャトル: 5人あるいは10人というような大人数での移動もちゃんと1台に乗れます。1台に乗れる最大人数は14人です。
米国の一般タクシー: 1台には4人までなので、それ以上のグループの場合、何台かに分乗するしかありません。ちゃんと目的地でまた会えればいいのですが・・・。


当社のタクシーシャトル: 不安なこと分からないことがあったら乗っている間にいろいろ聞いてしまいましょう。見知らぬ地では運転手が日本語を話すということはたいへん心強いことです。
米国の一般タクシー: 土地感がないところで言葉が通じにくいと言うのは不便なものです。悪い人ばかりとは言えませんが、ちょっと遠回りをしちゃおうかな、と思われても分からないですよね。信用度は低いと言えるでしょう。




当社のタクシーシャトル: 車線が多いので首都高ほどではないにしても、朝夕の高速道路に渋滞はつきものです。当社は距離と区間で料金を固定していますので、渋滞にはまって予算オーバーなどということはありません。
米国の一般タクシー: ロサンゼルスのタクシーのメーターはもの凄い短い間隔でガンガン上がっていきます。渋滞にはまると2倍の料金は掛かってしまいます。


当社のタクシーシャトル: 当社ご利用のお客さまからほぼ毎日のように忘れ物のお問い合わせがあります。しかしその99%以上は落とし主に戻っています。
米国の一般タクシー: 忘れた物はまず出てきません。仮に運転手さんが悪い人でなくても次に乗ったお客さんが持って行ってしまうことが多いようです。せっかくの旅で嫌な思いはしたくないものですよね。